こだわり

めん徳 二代目つじ田

味から絆へ みんなで作った物をみんなの手で出し、お客様に喜んで頂く。そして「絆」が生まれる。平日のサラリーマンのお客様が土曜日に家族の方と私服でいらっしゃった時や彼女を連れてきてくれた時に一つの味から「絆」が生まれた喜びを感じます。そんな一瞬の喜びの為に一つの味を守りつつも日々進化させ続けています。その味を守ることや進化させることで今度は従業員との絆が生まれ、生まれた味からお客様との「絆」が生まれる。こんな喜びの為に「つじ田」の仲間は、日々一生懸命頑張っていきますので応援よろしくお願いします。 めん徳 二代目つじ田 店主

スープ

スープのベースは国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、野菜、他合計十数種類の食材を元に作らせて頂いています。

細かい産地、材料を公表する事は出来ないが、これもまた味を守りつつ日々進化させ続けるよう努力しています。
二代目つじ田の「命」でもあるスープは残念ながらスープが売り切れ次第終了となってしまいます。

こればかりは後から作り足す事が出来ないので、楽しみに来てくれたお客様には申し訳ないが常に最高の味でお出迎えするためと思い、 ご了承ください。

麺

麺は三河屋製麺さんにお願いしラーメン用、つけ麺用共に改良していただいた二種類の特注麺をそれぞれ使用しています。

スープにあった麺を日々三河屋製麺さんと一緒に開発し進化させ続けスープという海で麺が水を得た魚のように力を発揮する。
そんな麺を追い求め一生懸命頑張っています。

薬味

業元禄十六年(1704)、一子相伝で守り続ける製法をもとに、現13代目が一人で全行程手作業にて製造しています。その為、大量生産は絶対にできません。
材料のことを考え、仕事場に冷暖房器具を一切置かず、季節や天候にあわせて作り方を調整しているとのこと。

二代目つじ田では薬味にもこだわらさせて頂いています。大量生産の薬味ではスープの香りを殺してしまうのです。たかが薬味、されど薬味。自分の足で見つけ出した最高の薬味です。